MENU

イツキ

イツキです。お酒を飲みながら恋愛リアリティショーを観て、レビューを書く日々にハマっています。

AbemaTV、Netflix、Prime Videoなどを巡回しながらレビューブログ「サケコイ」を運営中。

他にもインテリアやお酒の情報を紹介している「サイガログ」のブログもどうぞ。

ご感想やご意見は、お気軽にお問い合わせフォームまで。

Amazonチャージで1000ポイントゲット

いきなりマリッジ3 第19話あらすじネタバレレビュー!ついに最終回、タケルとナツキが最後に選んだ答えとは【AbemaTV】

今週もAbemaTVで配信されました「いきなりマリッジ3」第19話

第19話のタイトルは

ハイスペ夫婦編#10 【最終回】最後の初夜

果たしてどんな展開になっているのでしょうか。

早速レビューへ参りたいと思います!

 

いきなりマリッジ3 第18話あらすじネタバレレビュー!アル中ナツキ【AbemaTV】 いきなりマリッジ レビューまとめ【AbemaTV】
注意
なお、このレビューは視聴済み前提の完全ネタバレとなるため未視聴の方、ネタバレを嫌う方はここで読むのを中止することをオススメ致します。

いきなりマリッジ3 19話 by YouTube


新婚生活27日目

新婚生活27日目

 

あと3日

 

仕事から帰りさっそく晩ごはんの準備

 

今夜はナツキの十八番

 

乾杯

 

ナツキ特製 ネギ塩ポンマヨ

 

タケル

前の人達もこんな感じなんだろうね、最後らへんは
ってかこれほんとに多分やった人にしかわからない感覚が生まれるんだろうね

ナツキ

なんだろうな、うーん、2人ですごい壁を乗り越えた気がする

ナツキ

タケル

うん、それは思う

タケル

多少さ、これからなんかあってもさ
脱出ゲームじゃないけど、なんか2人でやった感がすごい

ナツキ

タケル

これからなっちゃんと結婚とかしてさ、例えばなんかあったとするじゃん

タケル

多分全然何も思わないよね
たしかにね、これに比べればみたいなところあるよね

ナツキ

タケル

ああ、全然大丈夫っしょみたいな

タケル

あと2日で、明日入れて3日
そうだね

ナツキ

タケル

はやっ
早いんだか長かったんだがよくわからんな

ナツキ

タケル

たしかに
長かったっちゃ長かったけど、今になったら短かったってよくわからん

ナツキ

タケル

今日まで楽しめた?
楽しかったよ

ナツキ

タケル

ホント?よかった

タケル

まずはそこだよね

タケル

寂しくなってきたもんね、後半は
なかなか社会人になってからこんな誰かと一緒にいるってなかったんだよ、私はね

ナツキ

タケル

わかる
仕事優先だったから、あんまりその恋愛もそうだし男に時間を使ってなかったっていうか

ナツキ

タケル

メインがそこじゃない部分がね

タケル

しかも親に会わせるとかもないじゃん
そうだよね

ナツキ

タケル

そこもだよね
すごいよね、普通に考えたら

ナツキ

タケル

ホントボリューミーだよね、お互いの親友に会わせて親も会わせて
てんこ盛りすぎやわ、一気にいっぱいやった感じはするね

ナツキ

タケル

でもよかったね、今となってはね
最初はどうなることやらって感じだったけど

ナツキ

よりLINEとかが簡単になったからこそ、はいもうメールブロック、そうですかみたいなさ

ナツキ

タケル

たしかに、そういうのやだなぁアタシは
簡単に人を切れるじゃないけど

ナツキ

タケル

繋がりも浅くなってしまう時代ではあるからね
軽く繋がれる分早く…

ナツキ

タケル

そうだね、たしかに

タケル

しっかりつながったからなかなか2人は切れない、みたいなあれもあるじゃない
楽しかったかな、だから割と早く素が出せたのかも

ナツキ

タケル

あーん、そうかもね、いろいろ2人が悩んでたときはすごい良くない解釈になったようなときもあったじゃん

タケル

でも最近はそれも全部良い解釈に変わってるんだよね
うんうんうん

ナツキ

タケル

だからよかったなと思って

タケル

あれなかったら今ないしなとか

タケル

ホントに考えさせられる一ヶ月間だなと思って
たしかに

ナツキ

ホントに結婚式とか半年前ぐらいの感覚がしてる

ナツキ

タケル

うーん、いやわかるよ

タケル

結構夫婦生活したって感じはあるよね
私がもうハートがガチャガチャだから

ナツキ

タケル

でもそれもあったから今もあるんだろうしね

タケル

全然多分ダメなときはなかったんだろうと思うし

タケル

このままもし何もない一ヶ月だったら多分すっげぇ薄っぺらくてさ
薄っぺらかったちゃ薄っぺらかったよね、多分ね

ナツキ

私が「イヤァ!」とか言ってなかったらね

ナツキ

タケル

普通になんか過ごしてたんだろうね

タケル

だからよかったよね、結果
ここの家もさ、やっと慣れてきたっていうか

ナツキ

タケル

わかるわかる、それもあるよね、2人もだけど家的なものもだよね
家もそうだしさ、この生活、やっと同棲に慣れてきた

ナツキ

タケル

最後のデートかな、明日は

タケル

ちょっと夜はドレスアップして、ご飯食べ行こうよ
親知らず生えてきちゃって、このタイミングで

ナツキ

タケル

行ってきなよ
歯医者さんだけ行かしてちょっと

ナツキ

タケル

抜くの?
そんなすぐ抜けないと思うんだよね

ナツキ

タケル

ああ、抜けたら抜いて明日お酒ダメだからね
ぐぇ

ナツキ

タケル

あったりまえじゃん、絶対飲むでしょ、ダメだからね、ほんとにそれは

タケル

何やってもいいけど、ドクターがダメって言ったことだけはやっちゃダメだからね
死なないよ

ナツキ

タケル

死なないよじゃないよ、それはちゃんとするだよ、ダメだよ
でもディナーに行ったら飲みたいだよ

ナツキ

タケル

ディナーと一生の歯、どっちが大事だよ
ディナー…

ナツキ

タケル

ディナーなんていつでも行けるわ、歯だわ歯

新婚生活28日目

新婚生活28日目

 

今日はディナーデート

 

仕事終わりに原宿へ

 

ナツキ

タケルンのお店に行きます

ナツキ

お店でちょっと髪の毛キレイにしてくれるって

 

タケルがナツキをヘアメイク

 

今日は2人でおしゃれして

 

イヤリングをプレゼント

 

タケル

今のところ結婚だけ、っていうかパーセンテージで言えば結構もう自分の中ではクリアできるくらいなパーセンテージではあるんですよね

タケル

性格とかそういった人間性なものに関してはすごく相性も良いしいいなと思うんですけど

タケル

やっぱりずーっと引きずってるのはドキドキするってことがなかなかなくて

タケル

結婚した何十年か先、の感覚なんですよね

タケル

居心地も良くて楽で、そういう男女の関係がなくても別にいいじゃん、みたいな

タケル

それがちゃんと持てるのかみたいなのが、自分の中の最終決断への悩みというか

 

イタリアン 青山エシュリオンハウス

 

タケル

あと2日やからね、2日というかほぼ1日
明日1日仕事だしね、お互い

ナツキ

タケル

そう、だから今日最後のちゃんとしたディナーみたいな

タケル

では28日間、ホントにありがとね、残り2日間

タケル

今日は大人なデートができたらなーと思って、ちょっと今日はこういうのをさせてもらいました

タケル

いろんな振り幅見てみたかったから、でもめちゃ今日良い、キレイ
よかった

ナツキ

タケル

もともともキレイだけどまたなんか雰囲気変わったりとかね
普段の格好もこういうのも好き

ナツキ

タケル

うん、いいね

タケル

結婚ね、もうお義母さんたちとお会いしてからよりリアルに考えるようになってきて

タケル

箱根で話してたときにちょっと自分の中でちゃんと説明できてなかったなと思うことがあって

タケル

子供が生まれた時タケルはどうするかみたいなやつで、その時に生活水準はいくらでも下げれるしみたいなあったけど

タケル

そうじゃなくてできるだけ下げないで高いとこを目標にしたいんだよね

タケル

だから例えばなっちゃんとか子どもの水準はできるだけ上げれるように仕事もより増やしたりとかして

タケル

ただ例えとして一番最悪な状況というか、どんなときになっても自分が全部負担をできるだけ負いたいなと思ってる

タケル

だからホントに2人にはできるだけいい暮らしをさせて、こっちができるだけやってどうしてもダメなときはなっちゃんに助けを求めるかもしれないけど
うん

ナツキ

 

カプレーゼ

子供の話というか、なんだろう、すごく現実的な話ばかりしちゃって申し訳ないけど

ナツキ

今子供が生まれた後の生活水準別に下げるつもりない、っていう話もそうなんだけど

ナツキ

すごく直近な話で、じゃあ成立しましたってなって今恵比寿に住んでるじゃない?十番に住んでるじゃない?

ナツキ

まずはどうしていくとか、例えばじゃあ2人で住むなら広い部屋がいいってなったらじゃあどこのエリアになるとか

ナツキ

タケル

立地で選ぶのか住みたいような家で選ぶのかによってお互いがどっちか我慢するのか、お互いが頑張って家賃上げるのかになると思うけど

タケル

2人の意見が一番一致する場所に住めればいいと思ってるね
じゃあ私が十番から出たくないって言ったら?

ナツキ

タケル

いいじゃない?十番、近いし

タケル

今の部屋のままでも十番でもダメなわけでしょ、まぁダメじゃないか別に、見てみてだよね
そう、狭いけどね

ナツキ

タケル

でも別にお互い夜一緒に寝たりとかする感じのあれだったらいいじゃん、そのままでもベッド大きくして
ダブルベッドだけど

ナツキ

タケル

じゃあいいじゃん、アタシの家具捨ててとか
うふっ、なるほど

ナツキ

タケル

それは一番いい答えを見つけてやればいいと思うけど

 

ちゃんと恋愛したの学生の時だけだしな

ナツキ

タケル

ああ、結婚しようと思った人?
うん、2人目ね

ナツキ

タケル

5年付き合って何で別れたの?
結婚できなかったから

ナツキ

タケル

それは結婚なっちゃんがしようと思ってたの?
私はずっとしたかった

ナツキ

タケル

ああ、向こうがする気はなかったんだ
うん、だと思う、言わなかったけど

ナツキ

タケル

ああ、なっちゃんの中で答えを出して
うん、そう、聞いてもない

ナツキ

タケル

こうなんだろう
まぁでもね20個くらい上だったからね

ナツキ

タケル

でもそこ気にする?
向こうはもうバツイチだったし子どももいたから

ナツキ

私は子ども欲しい願望があったんだけど、子ども欲しい願望ではなかったから

ナツキ

タケル

向こうが、うーん、そっか

 

鮮魚のヴァプール キノコのクリームソース

タケル

なんかある?結婚の条件みたいな、これマストみたいな
家庭に興味がある人、子育てをしっかり協力してくれる人、っていうのがいいかな

ナツキ

タケル

子育てね、育パパもちょっとできる人がいいってことね
ちょっとっていうか

ナツキ

タケル

結構?
それをご飯とかもそうだけど、女がやるものって思ってほしくないかも

ナツキ

タケル

あ、それはでも最初から言ってるじゃん
っていうのはでもさ、タケルンはそうやって言ってくれるけどそうじゃない人もいっぱいいるじゃない?

ナツキ

タケル

でもそれちょっと合わないでしょ
合わない、から私が働かなくてもいいぐらい稼いで帰ってきてくれるならね、いいけどね、っていう話

ナツキ

タケル

なっちゃんやっぱお金的な言葉多いよね
うん、めっちゃ大事、うちそれで離婚してるし、パパとママ仲悪かったわけじゃないけど

ナツキ

タケル

だからお金にスゴいあれなんだ、あるんだね
もちろんそれだけで人を見てないし、そうじゃないけれども「そこじゃないよ」っていう人とはちょっと違うかなって思ってる私は

ナツキ

タケル

お金じゃないよ、みたいな

 

冬鴨のロティ いちじくのアグロドルチェ

タケル

正確には別に、特に当日でもいつもと変わらない朝だったら多分結婚はアタシはできるんじゃないかなって思ってて

タケル

ただ朝なったときにやっぱりどっかひっかかってたら、多分これは1年経とうが何年経とうがひっかかるのかなって思うけど

タケル

今ひっかかってないんだったら何年経ってもひっかからないんじゃないかなって思ってる

タケル

だからアタシが今日こうやってたのはまたちょっと今までにないなっちゃんを見てみて、自分がどういう気持ちになってどんな感じなのかなっていうのを知りたかったから

タケル

いつもどおりのなっちゃんで良くて、こっちが色んな見方をしてみてやっぱキレイだなーとかこういうなっちゃんもいいなとか

 

タケル

一緒にいるのはあと1日だね

タケル

なっちゃんの中ではいろいろ固まってきてる?
うーん、日々思うことが変わり過ぎちゃって

ナツキ

タケル

ああ、なかなかこう気持ちが定まらないみたいな、それはあるよね

新婚生活29日目

新婚生活29日目

 

最終決断前日

 

いつも通り仕事

 

ナツキも1日中仕事

 

The Last Night

 

北海道で挙式した時に買ったタコ

ナツキ

北海道の冷凍しておいたタコです

ナツキ

いつ食べるかなって思ってたんですけど、なんだかんだ食べる機会がなくて

ナツキ

懐かしい、3ヶ月位前な気しますけど

 

今夜の料理

 

タケル

やっぱ帰ってきてご飯あるのいいね

タケル

でもめっちゃ頑張って作ってくれたね、この1ヶ月間
そう?でも割とあっという間だった、このくらいのレベルはね

ナツキ

こんなん人に食べてもらえると思ってなかったから、人に食べてもらえるクオリティではないよね

ナツキ

タケル

全然全然上手よ、逆にすごいと思う、めっちゃレパートリー広いし
居酒屋メニューね

ナツキ

タケル

こんなに長い一ヶ月は初めてやなと思ったけどさ、いろいろこう考えたもんね、今日1日、ちょっと時間が空いたりとかしたらさ

タケル

すごい何かホント濃かったなみたいな

タケル

2日目にちょっといろいろあって、それがちょうどこのアヒージョのときだよね

タケル

今日のアヒージョは温かいなって思ったもんね、前のアヒージョは冷め冷めだったからね
ポンコツ選手権やらかしてるからね

ナツキ

タケル

でもそれもまた思い出じゃん

タケル

また最後にね、このアヒージョを食べると思ってなかったしさ
レパートリーがないからね、あははは

ナツキ

タケル

ううん、全然

タケル

で、パラオ行ってさ、ね
パラオね、楽しかったね

ナツキ

タケル

楽しかったねー、キレイだったしさ

タケル

帰ってきてまたいろいろあって、ね
すみません、私しか問題起こしてなーい

ナツキ

タケル

いやいや、そんなことないよ、結局問題のきっかけ作ったのはアタシでもあるわけだから

タケル

覚えてる?大丈夫?記憶にある?この一ヶ月
覚えてる、オボエテルヨー!

ナツキ

 

タケル

どうしたの急に?
もっと上手くできたんじゃないかな、とかもっとあの時こうしておけばなとか

ナツキ

あの言い方はなかったなーとか、そういう反省が私は今日レッスン移動しながらずっと思ってた

ナツキ

タケル

でもそんなんしたってさ
しょうがないよ、しょうがないんだけど

ナツキ

タケル

でも逆に言えばさ、もしかしたらさそんなこと考えて行動してたら今日いなかったかもしんないよ?

タケル

それもあるじゃん、もしかしたらもっとすごかったかもしれないけど、もっと悪くなったかもしれないじゃん

タケル

今はどんな道を選んでも、今ここにいて一緒にこうやってお酒を飲めて話をしてるってことが正解だと思うから

タケル

そんなこと言ったらアタシだっていっぱいあるけど、でも結局なっちゃんいてくれたことが一番良かったって思うから

タケル

それはいらないんじゃない?
すごい考えちゃった、なんか

ナツキ

タケル

だったらそれはこれから先に、2人でやっていけばいいだけの話じゃん、全然いいと思うよそんなの

タケル

いろいろあったけど、ホントにやだと思わなかったから
思わなかったんだ笑、すげぇや

ナツキ

タケル

もう12時やん、あとちょっとやん、なんかやだね、こういうカウントするの、やめよ
なんで言ったの、アタシ寝ないよって言ったのに

ナツキ

タケル

やだ

タケル

でも、最後は一緒に寝ようよ

タケル

寝ないよじゃなくて、今日はゆっくりできるからさ
うん、そうだね

ナツキ

 

ベッドを共にするタケルとナツキ

新婚生活30日目

新婚生活30日目

 

最終決断当日

 

朝起きてきた2人はテーブルに着席

 

そこで面と向かい互いの決断を告げる

 

果たして印鑑は押されるのか?

 

タケル

30日経ったね
ね、早かったんだが長かったんだか、ずっと言ってるけど

ナツキ

タケル

懐かしくない?

タケル

今日で一応決めないといけないからさ、なっちゃんとアタシお互いの最終ジャッジを

タケル

どっちからいくとかある?なかったらアタシからいこうかなと思うし、もしなっちゃんから先に言いたいってあるんだったら全然聞くしって感じ
どうしよう

ナツキ

タケル

どっちでもいいけど、ないならこのままアタシから
えー…どうしよっかな、今心臓が出そう、口から出そう、どうしよう、私から言ったほうがいいのかな

ナツキ

タケル

いや?もしないんだったらアタシから行くよ?いい?
う、うん

ナツキ

あーもう泣きそう、緊張しちゃって

ナツキ

タケル

大丈夫?

 

タケルとナツキの最終決断

タケル

まず最初に言いたいこととしては、30日間まずありがとうっていうのはホントに
こちらこそです

ナツキ

タケル

ありがとう

タケル

あとは応募してくれてありがとうとも思ってる、なっちゃんと出会えてなっちゃんで良かったなって

タケル

最初会った時のアタシのなっちゃんのイメージはもともとキレイ、あとは身長が高いとかポジティブっていうアタシの中の条件では会ったんだよね

タケル

その条件を全部満たしてくれてるし、ホントに笑顔も素敵だったし

タケル

だからね、ホントに自分の中でお義母さんもおばあちゃんにも会ってるし、いろんな人にも会ってるから悔いのない答えだけは出したいなって思って今日までこれたから、ホントにありがとう
こちらこそありがとうございます

ナツキ

タケル

なっちゃんと会ってホントに女性の強さとか、女性としての憧れみたいなものをスゴく感じたんだよね

タケル

アタシは女性といつも接する仕事をしてるから、すごく女性のことは尊敬してて、いつも女性から学ぶことが多いと思ってるんだけど

タケル

今までにない学び方をさせてもらった、それは仕事に対しての熱意だったりとかこだわり方、もっと濃い部分を見てるなって思って

タケル

仕事をしてる身分としてはスゴいなっていうあこがれ的なものがどんどん強くなってっちゃって

タケル

で、なっちゃんにも伝わってると思うんだけどどっかから1人の女性なんだけど、女性という見方はしてるんだけど女みたいな目線が薄れてきちゃって

タケル

なっちゃんっていう素敵な女性としては見てるんだけど、女として見ることがちょっとできなくて

タケル

だから出会えたことにはすごく感謝なんだけど、結婚っていうことに関しては自分の中ではなっちゃんと結婚はできないかなって思ってしまったんだよね
うん、うん、ありがとうございます、言ってくれて嬉しいかも

ナツキ

 

タケルはNO

 

ナツキ

まず北海道で出会って30日、1ヶ月ホントに夫婦としてタケルンだったからできたんだなってすごく思ったの

ナツキ

すごく感謝しています
こちらこそ

タケル

ナツキ

誰かと一緒に楽しめるって夫婦ってすごく素敵なんだなっていう、より憧れが実感できたというか

ナツキ

やっぱり私のは向いてないのかもってちょっと思っちゃったときもあったんだけど、そこをやっぱりタケルンが引き戻してくれて

ナツキ

すごく楽しいことがあった反面、一緒にいて楽しいだけじゃダメだなって反面思ったの

ナツキ

同時に思って、お互いがもうちょっと尊敬し合える関係、になるのが理想かなって私の中で欲というか出てきちゃってて

ナツキ

今の段階で私がタケルンに対して、そういう気持ちが抱けなかったっていうのが今30日を終えて思うことなんだよね

ナツキ

だから私への刺激がちょっと物足りなかったかなっていうのが、一番大きくて

ナツキ

結婚はできないかなと思った
ありがとう、言ってくれて

タケル

ナツキ

ホントに私も言ってくれてありがとう

 

ナツキもNO

ナツキ

この30日、良い意味でお互い人をキレイにする仕事をしてるわけだし、人に関わる仕事をしてるから嫌いで結婚したくないわけじゃないから

 

写真と指輪、婚姻届

 

タケルとナツキ 出会って30日で結婚ならず

 

出ていくタケル

 

タケル

すごく寂しい決断をしたんですけど、意外とアタシ的にはすごいスッキリしてて

タケル

それはなっちゃんがちゃんと向き合ってくれて、ちゃんと言ってくれたからだと思うんですけど

タケル

またそういうところもでもなっちゃんに感謝ですよね

 

ナツキ

すごく人見知りな私がこんなに早く打ち解けれたのは彼の物腰の柔らかい感じのおかげだったのかなってすごく思うし

ナツキ

自分の出しやすかったっていうの、だからもう初っ端に居心地が良かったんでしょうね、きっと

ナツキ

楽すぎちゃって、楽すぎちゃったしやっぱり男、男性というか男の子ですけどやっぱりキュンポイントがなかったっていうのが

ナツキ

キュンキュンしてるとこっちも可愛くいたくなるじゃないですか

ナツキ

っていうのがちょっとやっぱりなかったので、すごいおじさんナツキのままというか

ナツキ

普段の気を張ってない感じになりすぎちゃったかなーっていうのはありますね

ナツキ

それは女に見えへんわーっていう、それはちょっと私が悪かったですね、彼に対して申し訳なかったなって思ってます

ナツキ

結婚はホントにしたい

ナツキ

でも今回自分がアカンかった部分がめっちゃわかった、浮き彫りにでたのでプラス思考に考えるとそれを直せばできるんちゃうかなと思ってるんですけど笑

 

この日見た30日後の未来は?

 

幸せな結婚…それは、いつ来るのか?

いきなりマリッジ3 第19話 あらすじネタバレレビューの総評

以上が「いきなりマリッジ3」第19話のレビューとなります。

いよいよ「いきなりマリッジ3」が最終回を迎えました。

今回はこれまでのシーズンと違い、「ジュンペイ×ヒナ」「タケル×ナツキ」それぞれのカップルごとに集中して配信されるという方式で、非常に長かったですね。

前回第18話は、ナツキの態度があまりにもひどくて不快だったので感想をボイコットしました。

今回は流石に最終話なので、しっかりと述べていきたいと思います。

その代わりと言ったらアレですが、めちゃくちゃ長いです。

なのでこれから読む方は覚悟してください笑。

 

というわけで、まずは第19話、最終回を振り返っていきます。

ナツキの十八番、ということで家でたこ焼きパーティを楽しむタケルとナツキ。

大阪でもあんだけ食べて、家でもまた食べるのかい!と思わずツッコんでしまいました。

ここでの会話は今までの振り返りだったりと、全般的に普通の内容でした。

ただ一点だけ気になるところが。

それはやはりナツキのお酒の対する執着ですよね。

親知らずが生えてきたから明日歯医者に行く。

もし抜いたらお酒ダメだからね。

というタケルの忠告に対しても「ディナーは飲みたい」と主張するナツキ。

最初は酒好き、ということである種の親近感を持ちながら見ていましたが、ここまで来ると怖いですね。

一種のアルコール依存症を疑ってしまいます。

お酒は適度に、っていうのはメリハリをつけて飲むっていう意味だと思うんですよね。

正直ナツキの酒好きと私の酒好きは一緒にくくってほしくない気持ちでいっぱいです。

 

そして翌日はタケルが話していたとおりディナーデート。

ヘアメイクをプロのタケルがナツキにしてあげるといったものでした。

これ、前から思ってたんですけどもっと早いタイミングでやってあげればよかったのになと思います。

特にタケルの長所、特技なわけですから「結婚にリスペクトを必要とするナツキ」にとって仕事の腕前というのはかなり大事な要素になっていたと思われます。

そしてドレスアップした2人。

ここで見せるルックスの良さはさすがと言ったところですね、一般人離れしたオーラがありました。

向かったのは青山のイタリアンレストラン。

店の中に漂う高級感。

出てきた料理はどれも美味しそうでした。

会話の中でタケルが箱根での話についてフォローを入れます。

ナツキと子どもにはできる限りいい暮らしをしてもらいたい、たとえ俺が犠牲になってでも

考え方としては立派だとは思うのですが…うーん、個人的には称賛はできません

で、それを受け入れる奥さんもどうなんだろうと正直思ってしまいます。

2人が良ければそれはそれでいいのでしょうけど、やっぱりちょっと時代錯誤なんですよね。

夫が身を粉にして働いてボロボロになって過労死寸前、妻と子どもは麻布十番で悠々自適。

そんな家族が健全と言えるでしょうか

少し大げさな言い方かもしれませんが、タケルが言ったことというのはこういうことです。

そしてそれに対してナツキはナツキで思うところがあったようで。

直近一緒に暮らす上でもっと具体的な話がしたい、と述べていました。

これは本当にそのとおりですよね。

というかこれまで「いきなりマリッジ」に出演したカップルってみんなこの話が全然できていないんですよね。

なのでずっとモヤモヤしながら見ていたことを覚えています。

そういう面ではナツキの考え方、ちゃんと話そうとする姿勢は非常に評価すべき点だと思います。

逆に言うとここしか良いところがない、とまで思っているのですが…。

ですが、この後のセリフが良くなかった。

私が(麻布)十番から出たくないって言ったら?

これ箱根のときもまんま同じセリフを言ってるんですよね。

反省して涙流しながら「言い過ぎた、こんなの私じゃない」とまで言っていた人間が数日後にこれですよ。

言い方が卑怯なんですよね。

麻布十番から出たくないなら「出たくない」「もしくは出たくないんだけどどうしようか」と言うべきです。

私はこう思ってるんだけど、あなたどうしてくれるの?という言い方は無責任だし、相手を追い詰めることになります。

結婚に対するナツキの話し方って終始こういう感じなんですよね。

私はこう、あなたはどうする?何を提供してくれる?

それが前回第18話はあまりにも強く出ていてひどかったので、私は閉口してレビューを放棄しました。

場合によっては一種のモラハラに近いです。

こういう姿勢では結婚は絶対にうまくいきません。

対するタケルは「いいんじゃない?麻布十番住めるなら住もうよ」と受け入れていましたが。

仮に結婚した場合、2人はずっとこういう調子で物事を決めていくんですかね。

「私は◯◯したくないって言ったらどうする?」「いいんじゃない?」

キモチワルー笑。

私ならそんな結婚生活まっぴらごめんです。

 

そして会話はまだ続きます。

ナツキの過去の恋愛について。

以前結婚したいと思っていた彼氏は、20個近く年上だったようです。

仮にナツキが25歳くらいの時の話だとして、彼氏は45歳

ぐへぇー。

バツイチ子持ち

子供が欲しいナツキに対し、その彼氏は子供願望がなかったのこと。

逆に聞きたんですけど、なんでそんな彼氏と付き合ったんでしょうかね笑。

結婚して子供が欲しい、という人にとってはまず避けてとおるべき男だと思うのですが。

まぁ過去のことなのであまり言っても仕方ありませんね。

ただ結婚できないと思ったのもナツキで、別れを決断したのもナツキだったようです。

彼がどう思っていたのかを聞き出すこともなく。

なんとなく察する空気はあったのかもしれませんが、話し合うことから放棄したのはダメですよね。

そういう別れ方をしては、自分の成長もしませんし発展性がないのも痛いところです。

 

最後の話は結婚の条件について。

ナツキは家庭に興味がある人子育てをしっかり協力してくれる人と答えます。

これに対するタケルの相槌がよくなかった。

育パパもちょっとできる人がいいってことね

タケルって悪気はないんでしょうけど、ちょいちょいワードチョイスを間違えるんですよね。

で、ナツキはそういう言葉尻にうるさい人じゃないですか。

だから相性は最悪

見ているこっちが「あ、こういう言い方したら噛みつかれるぞ」って思いますもん。

案の定「女がやるものって思ってほしくない」と返されてましたしね。

ただまぁタケルからするとちょっと苦しい部分ではあるのでしょう。

妻と子供にいい生活をさせるため、自分は身を粉にして働く、その覚悟はできている。

その上で子供の面倒をしっかり見て、さらには飯も作れと。

ナツキは夫に対してどこまで求めるんだろうなーという気分になっていたのかもしれません。

するとナツキは「私が働かなくてもいいぐらい稼いで帰ってきてくれるならいいけどね」と話します。

ナツキの年収は約800万、タケルは600万なので世帯年収は1400万

それをタケル1人で稼ぐなら家事や育児は勘弁してやる、ナツキはそういうことを言っています。

…なんでしょう。

やっぱりナツキは結婚向いてないですわ笑。

よく耳にする「結婚相談所に来る地雷女性」まんまになってますよ。

今の時代1400万の年収を夫に求めるってヤバくないですか笑。

まぁ彼女の自慢のボディを持ってすれば、もしかしたらそういうお金持ちを見つけられるのかもしれませんが…。

一応最後に親がお金が原因で離婚したから、という理由は述べていました。

 

そして最後にタケルが語ります。

当日の朝、いつもと変わらない朝だったら多分結婚できる。

逆にひっかかりがあったらこれからずっとそのひっかかりが残る。

今日はこういうデートをしてナツキの違う一面を見てみたかったとのこと。

後でわかることですが、要はおしゃれをして気取った時にタケルがナツキに対して「女」を感じられるかを試したかったということですね。

それがうまくいったのかどうかは最終決断でわかります。

 

新婚生活29日目、最終決断前日はお互いの1日中仕事。

帰ってきてから最後の晩御飯が始まります。

ここでもまたお酒を飲む2人(ナツキ)。

お酒を飲まないで話さなかったことがホントに全然なかったですよね。

マジで家出後の公園での話し合いぐらいなのではないでしょうか。

またタケルから会話を切り出し、内容は主にこの30日間の振り返り。

「この一ヶ月のこと覚えてる?記憶にある?」とからかうと、ナツキが泣き出しました。

これを見て私は確信。

あ、ナツキ結婚するつもりないな」と。

これはMCの陣内さんも言っていました。

この場面でああいう泣き方をするってことは、2人の未来がないってことです。

これからこの人と人生をともに過ごすんだ、という気持ちの場合は嬉し涙はわかりますが、ああいう泣き方はまずしないですよね。

ので、ナツキの決断については早くも本人がネタバレするということに。

そんな状況を知ってか知らずか、タケルはナツキのことを諭していました。

そんなこと言ってもしょうがないし、仮にそうだとしても今と違う未来になっていたかもしれない。

今ここでこうやって2人でお酒を飲めているんだからそれでいいじゃないか。

反省点についてはこれから2人で改善していけばいいだけの話。

とこんな調子でタケルは2人の未来のことを語るんですよね。

つまり、ナツキと結婚する気がある?と思わせるわけです。

前回第18話のとき、私はタケルの決断は「NO」と予想しました。

ですが、このセリフを聞いて考えがゆらぎます。

あれ、マジでタケル結婚しようとしてる

だって、このタイミングで2人の未来のことを話すってほぼ確定じゃないですか。

MCの紗栄子さんも言っていましたが、逆にこれで「NO」ならヒドいですよ、残酷です

優しい言葉を言っているように見えて、そんなのは優しさでもなんでもないですからね。

まぁ結果はもうみなさん知っていると思いますけど、こういう言い方はしてほしくなかったなぁ。

一言でいうなら「思わせぶり」っていうんですよ。

もしかしたらこのときはまだ迷っていたのかもしれませんが、だとしてももう少し無難な言葉を選んで発言してほしかったです。

で、「いろいろあったけどホントに嫌だと思わなかった」とも述べます。

これにはナツキも「思わなかったんだ、すげぇや」と笑いますが、私も完全に同意

やっぱりタケル、相当変わってます。

そして夜が終わりました。

 

迎えた30日目、最終決断当日。

朝起きてきた2人が着席します。

タケルが口火を切り、特にナツキの方から話したいとかないならタケルから話すと提案します。

これに対するナツキの答え「どうしよう、私から言ったほうがいいのかな」。

もう確定じゃないですか。

答えが「YES」だった場合、こんな心配する必要がないですからね。

「NO」だから、私から先に言って気まずくならないか、大丈夫かな、で「どうしようかな」ですからね。

前夜に引き続き、またもやネタバレをカマしてくるナツキ。

さらには「泣きそう」とまで漏らします。

これまた「YES」の人の発言ではない笑。

 

んなこんなでタケルから話すことに。

要約すると30日間、そして応募してくれてありがとう。

ナツキは結婚相手に求める条件を満たしていた。

ナツキ母にもおばあちゃんにも会ってるから悔いのない答えを出したい。

女性としての憧れはあるけど、女を感じられない

結婚はできない。

タケルは「NOという答えでした。

これを見た時私は「マジ、か…」と思わず声が漏れました。

だってそうでしょ、前夜には2人のこれからを匂わすような発言をしていたんですよ。

確かに私は前話のレビュー時には「タケルはNO」だと予想しました。

けれども。

ここで「NO」というなら、昨夜のあのフォローはマジでいらなかったですって。

これだけはホントにタケルやっちゃったなって思いました。

 

続いてナツキ。

NOと言われた後にはなかなか話しづらいとは思うのですが、その割にさっぱりした表情で話すナツキ。

まぁそりゃそうですよね。

ナツキも「NO」なんですから、辛いわけがありません

ナツキの話を要約すると、すごく感謝してる、夫婦は素敵だって実感した。

私は向いてないかもって思ったけど、タケルが引き戻してくれた。

楽しいことがあった反面、一緒にいて楽しいだけじゃダメとも思った。

お互いがもうちょっと尊敬し合える関係になりたい。

私への刺激がちょっと足りなかった

結婚はできない。

ナツキも「NOという答えでした。

うん、知ってる笑。

この話の中でもちょいちょい気になる発言がありましたよね。

まず「もうちょっと尊敬し合える関係になりたい」。

つまりこれってナツキはタケルのことを尊敬していない、できなかったと言っているわけです。

サラッとすごい失礼なこと言うよね~と思いました。

まぁそんな様子は今までの生活の中の節々で出てましたからね、タケルも承知ということでしょう。

そして「私への刺激がちょっと足りなかった」というセリフ。

彼女の言う刺激ってなんなんでしょうね

結婚相手へ求めるものがやっぱり多いですよね。

ポールダンサーを満足させるような刺激を持った男性ってそうそういないんじゃないでしょうか

いたとしてもかなり癖のある人だと思いますけど。

その上で高収入気遣いできて、さらにはレディーファーストまでできちゃう!

お母さんも納得の人格者で、おばあちゃんも認めるイケメン

わお!そんなすごいカンペキ人間いるのかしら!?

どうぞ今後も理想の男性を探し続けてくださいって感じです笑。

 

そして恒例の婚姻届、指輪、写真を置いて2人の関係はこれにて終了となりました。

最後のタケルへのインタビューは当たり障りのないものだったので、特に感想もなし。

一方ナツキはまたインタビューで多くを語ってくれました。

最初から居心地が良かったから気が緩んでしまった。

おじさんナツキが出てしまっていたので、そりゃ「女」に見えない

それは私が悪かった、彼に対して申し訳ない。

とのこと。

最後に謝ってるのでそれで許してしまいそうになりますけど、ここでも結構ヒドいことを言ってるんですよね。

つまり「彼が私のことをキュンキュンさせなかったから、女の部分が出せなかった」ということです。

いや知らんがなと。

なんで自分が女を出せないのを相手のせいにするのか、責任転嫁も甚だしいです。

「優しい」「居心地がいい」だから気が緩んだ。

曖昧なワードはクソくらえですよ。

最後に「自分の悪い部分がわかったから、これを直せば結婚できるんじゃないか」と語っていました。

ホントにわかっているんですかね?

私にはどうもそうは思えません。

ホントに反省したいんならこの「いきなりマリッジ3」を何回も見直すことをおすすめします。

そしてもう1つ大事なこと。

酒はもうやめたほうがいい

タケルが終始「ナツキは真剣に向き合ってくれた」的なことを言うので、そうだったのかななんて思いそうになりますけど、私には結構ふざけていたようにしか思えない

だってそもそもナツキはお酒を飲むと記憶をなくす大事な話の内容を覚えていない、ということを自覚しているんですよね。

にも関わらずカメラに映ったところも終始酒を飲みまくり

箱根の温泉ではめちゃくちゃな絡み方をして。

で「結婚に対して真剣に向き合った」?、ちゃんちゃらおかしいです。

彼らの世界の「真剣」とは一体何なのか、理解できませんし理解したくもありません。

まぁぶっちゃけナツキの人生がどうなろうと私には知ったこっちゃないんですけど、「酒好き」を自称するのはやめてもらいたいですね。

私も含めて他の「酒好き」が迷惑です。

こういうわかりやすい酔っぱらいが目立つから、酒が好きだということにあまり良い印象を持たれないんですよ。

知らない世界で勝手に酒飲みまくってるのはいいですが、テレビに出てきて醜態晒すのはご勘弁願いたいですホントに。

 

とまぁこんな感じで、前回言えなかった不満も含めて感想を述べてみました。

これにて「いきなりマリッジ」という番組では、全6カップル12人が結婚に失敗ということになります。

私は以前のレビューから早い段階でずっと言ってきていることですけど、こんな企画で結婚する人はいないということが回を増すごとに裏付けられていますね

あと思ったのが、これまでのカップルの最終決断にはある共通点があるということ。

ちょっとおさらいすると以下のような結果となっています。

 

  • いきなりマリッジ1:トモタカ→   YES
  • いきなりマリッジ1:スミレ→       NO
  • いきなりマリッジ1:ツヨシ→       NO(棄権)
  • いきなりマリッジ1:キヨミ→       棄権
  • いきなりマリッジ2:ヤスオ→       NO
  • いきなりマリッジ2:エリカ→       YES
  • いきなりマリッジ2:ユウタ→       NO
  • いきなりマリッジ2:カナ→           YES
  • いきなりマリッジ3:ジュンペイYES
  • いきなりマリッジ3:ヒナ→           NO
  • いきなりマリッジ3:タケル→       NO
  • いきなりマリッジ3:ナツキ→       NO

 

 

共通点、わかります?

結論から言うと「男性がNOという理由は性的なこと」ということです。

1のツヨシ×キヨミは途中棄権のような形なのでさすがに除外しますが。

NOと言ったのはヤスオ、ユウタ、タケルの3人

これら全員が「相手のことを女と思えない」という理由でNOと言っています。

一概にすべての人がというつもりはありませんが、男性側の本音としてはやはりこの傾向が強いのは間違いないのではないでしょうか。

つまり今後「いきなりマリッジ」が続いていくとして、出演者の男性が割と早い段階で相手の女性に対して「恋心」のようなものを抱く素振りがなかったら、結婚不成立になる可能性が非常に高いということです。

もし「いきなりマリッジ4」があるとするならば、この点にも注目して見てみると面白いかもしれません。

 

長くなりましたが、最後に1つ小ネタをご紹介。

1/28、「たける」と名乗る人からこのブログ宛に1通のメールがありました。

以下がそのメールのスクリーンショットです。

たけるとなつきは結局結婚しませんよー
たけるには10個以上年下の学生の彼女いるから!ロリコンビジネスオネエよ。なつきが強くて喧嘩もしたり今では疎遠よ。

最初見た時、私は笑いました。

まず「お前誰だよ」と。

1行目、これについては正解だということがわかりましたね。

そして「10個以上年下の学生の彼女いる」、うん、だからなんですか笑。

さらに「ロリコンビジネスオネエ」、ビジネスオネエなのは配信見ていれば誰でもわかることなのでいまさら言われても…。

ですが最後の一言が衝撃的。

なつきが強くて喧嘩もしたり今では疎遠よ。

今となっては「ナツキが強い」それは周知の事実なんですが、日付を思い出しましょう。

このメールが来たのは「1/28」、つまり第11話、タケル×ナツキ編の2回目の配信の後なんですよね。

タケル×ナツキの2話目と言えばそれぞれの仕事について紹介があり、そしてナツキがタケルに対して不安になって泣いているシーンで締めくくりました。

正直「ナツキが強い」とは想像できなかった段階です。

にも関わらず「なつきが強くて喧嘩もしたり今では疎遠」なかなかに的を射ているんですよね。

メールの送り主は一体何者なのか、今となっては分かりようがありませんがこのようなリークがあったということを最後にお伝えいたします笑。

 

しかしまぁ長かった「いきなりマリッジ3」も遂に終わりましたね。

この番組が今後も続くのかはわかりませんが、姉妹番組の「さよならプロポーズ」はシーズン2が始まるようです。

当ブログでも毎週レビューしようと思いますので、またそちらでお会いできればいいですね。

それではまた、今度は「さよならプロポーズ2」のレビューでお会いしましょう!

記事内画像の出典:AbemaTV

 今日おすすめのお酒はこちら! 
いきなりマリッジ レビューまとめ【AbemaTV】

 

恋愛リアリティショー 全レビュー記事まとめ
Instagram
Twitter
SHARE