Amazonチャージで1000ポイントゲット

いきなりマリッジ3 第13話あらすじネタバレレビュー!松崎しげ子とダイソンナツキ【AbemaTV】

今週もAbemaTVで配信されました「いきなりマリッジ3」第13話

第13話のタイトルは

ハイスペ夫婦編#4 出会って6日で新婚旅行、ずっと一緒に居たい…かも。

果たしてどんな展開になっているのでしょうか。

早速レビューへ参りたいと思います!

 

いきなりマリッジ3 第12話あらすじネタバレレビュー!ポンコツ選手権と優しい選手権【AbemaTV】 いきなりマリッジ レビューまとめ【AbemaTV】
注意
なお、このレビューは視聴済み前提の完全ネタバレとなるため未視聴の方、ネタバレを嫌う方はここで読むのを中止することをオススメ致します。

いきなりマリッジ3 13話 by YouTube


新婚旅行6日目 新婚旅行パラオ

新婚生活6日目

 

今日から2泊4日パラオ新婚旅行

 

朝、準備をしているナツキ。

 

独特のファッションセンスを見せつけます。

 

タケルも準備をしています。

 

いざ出発。

 

 

パラオ共和国

 

限りなく透明に近い海

 

日本から乗り継ぎ入れて約11時間

 

空港に到着した2人。

 

AbemaTV」と書かれた紙を持つスタッフを発見します。

 

大型のバスに乗りこむ2人。

 

車中での会話、焼きたいナツキは「松崎しげ子」になりたいそうで。

 

タケルは「鈴木その子」になりたいらしいです。

オセロみたいと冗談を言い合います。

 

ホテルに到着。

 

パラオロイヤルリゾートホテル

所在地:Malakal, Koror, 96940 パラオ

電話番号:+680 488 2000

 

チェックインします。

 

ナツキ

一緒の部屋?
別々にしといた

タケル

ナツキ

別々にしといた?
階も別にしといた

タケル

ナツキ

寂しいなそれは、それはそれは寂しいな
ウソだよ、一緒にしているよ

タケル

ナツキ

よかったよー

 

ナツキ

部屋何番やったっけ?
632

タケル

ナツキ

6階に水上コテージあるの?
6階に水上コテージある

タケル

ナツキ

めっちゃ浮いてるやん
5階までが地下みたいなもんやから

タケル

ナツキ

あ、そう笑

 

部屋に到着し、中に入ります。

 

オシャレ、かわいいと2人も絶賛。

 

窓を開けて外の景色を眺めます。

今回は水上コテージはとれなかったそう。

 

次はベッドチェック、タケルがナツキのベッドに飛び込みます。

 

ナツキも自分のベッドに飛び込みます。

 

売店に来た2人。

 

冷蔵庫からビールを取り出して買います。

 

RED ROOSTER BEER

RED ROOSTER BEER

BUD LIGHT

BUD LIGHT

プリングルスはピザ味をチョイス。

 

書かれた数字が購入金額からOFFになるルーレットを回し、見事15%を引き当てるタケル

 

Total Dueは23.80になりました。

MEMO

パラオの通貨は米ドルなので、1ドル約110円。

23.80ドルだと、約2,620円くらいです。

 

部屋のベランダで買ってきたビールで乾杯。

タケル

お酒飲んで、一昨日みたいに
でもその時の話覚えてないからもう1回言って欲しい

ナツキ

タケル

いいよいいよ
何喋ったかホンマに1ミリも覚えてない

ナツキ

タケル

でも別にアタシとしてはめちゃくちゃいい話ができたと思う
私その話、浦島太郎笑、もう1回言って

ナツキ

タケル

でもさ、飛行機の中でも話してたけど覚えとったやん

タケル

要するにその自信がない感じとかは、それが一番メインなんや

タケル

あとはもう普通になっちゃん酔っ払って、なんとか選手権をいっぱい
口癖やねん、口癖

ナツキ

タケル

20選手権くらい言うとった
怖いわホンマに

ナツキ

タケル

でも別に、特によ
昨日チームナツキとちょっと会ってて

ナツキ

自分に自信がないってことをタケルからもツッコまれるって話をしたら、頑張ってこいってすごい喝を入れられたの

ナツキ

自分でも自分じゃない感じがするのよ、この件に関しては

ナツキ

すごいね、見つめ直した、みんなにも会っていろいろ

ナツキ

タケル

いいやん
言ってくれて

ナツキ

タケル

せっかくキレイなんやし、てかまぁもったいないなみたいなのが思ったんよね
ちょっとでも自分でも気づいてはいたのよ

ナツキ

気づいててでもなんで自信持たれへんやろうな、でもみたいなところがあったのをめっちゃツッコんでくれたから

ナツキ

あ、やっぱ人からもそう見えるんやと思って、自分で思ってたことをツッコまれたからやっぱりな

ナツキ

タケル

そういうことか!
うん、そうそう、めちゃ思った、だから言ってくれてめっちゃありがとうと思って

ナツキ

タケル

2日間でいろいろ見えてくると思うし、これからまだまだあるけど、お互いね
前半やから、前半やけど例えば今なんか思ってたりしてそれを多分引きずって後半までいっちゃうと寂しいかなって気もするから

ナツキ

もし現段階で、私なんて酔っ払って覚えてないくらいやし、多分めっちゃご迷惑はかけてると思いますので

ナツキ

タケル

あは、全然!迷惑じゃないよ
気づくこととかあったらどんどん言ってほしいなと思う

ナツキ

タケル

でもそれはお互いやね、アタシ結構たまに俺とかさ、言ってるときあるけどさ
聞いたことない、あっはは笑

ナツキ

タケル

けど俺が出たときって本気なんだ、って思われがちなんよ

タケル

だからアタシの時は本気じゃないって思われる
なるほどね

ナツキ

タケル

そう、でもそれは違くてアタシでもめっちゃマジで喋るときもあるし
なんかそこはあんまり違和感感じなかったかも

ナツキ

タケル

あ、ホント?だったらいいけど

タケル

ま、楽しむのが一番っていうかさ、ただね、楽しむっていうのも嫌だからより深めれたらいいかなって思うから

タケル

こうやって真面目に話すと言うかさ、向き合う時間も作ったりとか

タケル

たださ、前回あんなに飲んどったのに今日はしょぼいね
はっはははは!言ったな、今日も運ばせんで

ナツキ

タケル

ははは!勝てよ、何もう負ける前提
すぐ寝るから

ナツキ

新婚旅行7日目

新婚生活7日目

 

朝のナツキをタケルが撮影。

 

外に出てビーチの周りを歩く2人。

 

今日はいろんなアクティビティを楽しみます。

Dolphins Pacific

所在地:P.O.Box 10044 Koror, Republic of Palau 96940

電話番号:680-488-8582

 

お尻むき出しの水着を来て歩くナツキ。

 

イルカと触れ合うツアーに出発。

 

ボートでイルカがいる場所に到着します。

 

サンオイルを全身に塗るナツキ。

見てください、このBody!ベストボディジャパンよ。

 

潜るとイルカが寄ってきます。

 

タケルもナツキも素潜りは普通にできるようで、手をつないでイルカとランデブー。

 

上がった後はイルカがジャンプを見せてくれました。

 

日向が好きなナツキと焼きたくないタケル。

 

現地人に間違えられると笑いながら踊るナツキでした。

 

 

アクティブな2人はボートに乗って岸壁の下に潜ります。

 

鍾乳洞のような空間が。

 

中から外を見ると海が美しく光っています。

 

人生の舵も嫁がとるんやろうな、と冗談を言うタケル、子供と一緒に遊びたいというナツキ。

 

ボートの上でも座っている場所の明暗が別れていました。

 

水上のレストランで昼食を取ることに。

 

タケル

なかなかね、ゆっくり向き合う話す時間なかったしね
初めてだよね

ナツキ

タケル

でもさっきも話してたけど、なっちゃん的にあんの?理想像、家族の理想像
なんだろ、私一人っ子だから

ナツキ

タケル

一人っ子なんだ
そう、ちっちゃい時から1人で1人遊びみたいなのが多かったし、うち離婚してるから小学校6年生くらいからママとずっと2人だから

ナツキ

一緒にめっちゃ遊びたいなって思う

ナツキ

タケル

なるほどね
ほっとかれたわけじゃないけど、子供でしか入れないエリアとかも1人で寂しいなみたいに思ったこともあったから

ナツキ

賑やかになればいいかなってのはある

ナツキ

 

逆にある?

ナツキ

タケル

近いは近いかな、どっちかっていうとアタシ的にいじられるパパでおりたいなって思う

タケル

ママと子供できたら2人が『パパってダメよね』とか言いながら一緒に買い物行ってくれる

タケル

パパのことは嫌いじゃない、みたいな友だちみたいな感じになれたらいいなー

タケル

パパのなんか一緒に洗わんといてとか言われたら、めっちゃ凹みすやな

タケル

え、子供は?何人くらいほしいとかあんの?男の子、女の子
うーん、そこはこだわりはないかな、ただ子供は欲しい

ナツキ

絶対女の子がいいとか、絶対男の子がいいとかないしどっちでもいい

ナツキ

まだ産んでないからわからへんけど、1人産んだら今と価値観変わると思うのよ

ナツキ

タケル

確かに
今の考えと絶対変わっていくから、今2人2人!とか3人3人!みたいな思わんと、できてみてどう思うか

ナツキ

多分それはパパ側の意見も変わってくると思うから

ナツキ

タケル

確かにそやね、子供は欲しいけど産んだらどうなるんだろうな
わかんないから、だからとりあえずって言ったらあれやけど、そこの先はその時点での自分の気持ちを優先したいかな

ナツキ

今縛っちゃうとそれに囚われちゃう気がする

ナツキ

2人産まないとーとか3人産まないとーとかなるから

ナツキ

ただ早く欲しいなっていうのはある、早く産んだほうが早く仕事にも戻りやすいし

ナツキ

体動くうちに子供とめっちゃ遊びたいから

ナツキ

タケル

アタシも予定は二十歳で結婚して、22ぐらいで子供産んでる予定やったんよ

タケル

めっちゃ若いパパで参観日とかさ、『あのパパ!』みたいな
『パパめっちゃカッコいい!』とか言われたいよね笑

ナツキ

タケル

言われたかったよなー
『なんとかちゃんのパパめっちゃカッコいい!』みたいな

ナツキ

タケル

もう10何年過ぎたよ…
ははは、同じく同じく

ナツキ

タケル

確かに子供はほしいな、男の子でも女の子でもアタシもどっちでもいい

タケル

ただ男の子やったらめちゃイケメンのオシャレボーイ、女の子やったらめちゃ可愛い、愛されマドンナ系女子にしたい
ほ~ん

ナツキ

タケル

とは思うなぁ

 

ポークソテープレート

 

鮮魚の蒸し焼きプレート

 

美味しいと絶賛しながら話は続きます。

タケル

いくつまでにこんな風になってたい、みたいなある?
ここ1、2年位で27、8で結婚できるかなって思ってたの

ナツキ

なんとなく25、6のときに思ってこの業界入ってて

ナツキ

あら、過ぎてる過ぎてるみたいになって、でも仕事はどんどん楽しくなっていくし

ナツキ

やっぱりちょっと子供が欲しいなっていうのがあったから、1回そこに目を向けないとこのままもういってしまいそうだから

ナツキ

すごくいいチャンスだなって思ったの、そんな長々とだらだら

ナツキ

タケル

たしかにな、1からいろいろ作ってとかね
そうそう、誰かとともに過ごしていくっていうことに対して考えないと

ナツキ

タケル

そうだね、この30日はお互い向き合うもやし、自分と向き合う時間でもあるから
うん、そうだね

ナツキ

 

 

本日は海三昧

 

ガイドさんがとっておきの場所を紹介。

 

ボートで2時間の距離。

 

水の透明度が高く美しい海が広がります。

 

ボートから一緒に飛び込むタケルとナツキ。

 

海の中は水中とは思えないほどクリアで美しい景色が広がっていました。

 

ナツキとタケルは自由に泳ぎ回ります。

 

ナツキがポーズを披露し、ボードからダイブ。

 

元シンクロ選手のナツキが様々な技を披露します。

 

タケルもふざけて飛び込みます。

 

美しい海で夕日に照らされながら浮かぶタケルとナツキ。

 

夕日も絶景でした。

 

 

夜、レストランで食事。

Fisherman seafood BBQ & grill

所在地:8FQ5+VM コロール, パラオ

電話番号:+680 488 2298

営業時間:17:00 ~ 22:00

 

ビールを片手に乾杯。

タケル

マジガソリンやな
ちょっと死んでた、ちょっとグロッキーやった

ナツキ

まだ全然あるやん

ナツキ

タケル

全然普通よ、早いねん飲むのが

 

ナツキはジョッキ3杯目

ダイソンナツキって呼んで

ナツキ

タケル

いっぱいあるやん
しげ子な

ナツキ

タケル

松崎しげ子とダイソンナツキやろ
そう、あだ名しかないから、しかもどれも別に可愛くないっていう笑

ナツキ

タケル

ううん、ソンナコトナイヨー、メチャカワイイヨー
しげ子可愛いって思ってんの?

ナツキ

タケル

うん、すごく可愛い
めっちゃおせじ上手いやん

ナツキ

 

ロブスターのグリル

 

タケル

ちょっとまって、「3150」覚えとってな
原監督

ナツキ

タケル

違うから、原監督こうだから
こうやから

ナツキ

もうこの1週間ですごく迷惑かけちゃったと思うんだよね

ナツキ

なんか、うーん、ある?聞き方が上手くないな、私が

ナツキ

タケル

ない!前も言ったけど1個だけ、一緒におるのに自信を持たれんのだけが嫌、それだけやな
ナウも?今も?

ナツキ

タケル

今は全然ない、全然だいじょうぶ、だけどどんなときでも不安なると思うけど、そういうときこそそういう言葉を言わんといて欲しい
うんうん、それはめっちゃわかった、自分でもめっちゃ気にしてたことやから

ナツキ

タケル

いいな、新婚旅行
遊びまくってる感じに付き合ってくれてめっちゃ嬉しい

ナツキ

タケル

全然、旅行とか行ったらもったいないから、朝から晩まで遊びたいタイプやから

タケル

休憩もいいけど、まだ軽いぐらい
かける2ぐらいいけるよな

ナツキ

タケル

移動時間なかったら絶対遊んでると思う
そうやね、そうやね、間違いないね、カヤックで帰ってたな

ナツキ

タケル

あの距離カヤックなー、帰ってこれんくはなさそうやけどな、すごい髭とかになってそうだけどね
はははは!帰ってくる頃に笑、いやでも楽しかったなー、カヤック

ナツキ

タケル

楽しかった

 

タケル

結婚したいじゃないですか

タケル

結婚するんだったらなっちゃんみたいな人なんだろうな、っていうのはホントに思いました

タケル

ちょこちょこ見えるその気持ちの強さ的なもの、っていうのはたまに気になる時はあるなと思いますけど

タケル

今んとこマインド的にはすごく申し分のない人だなあって思ったので、次は相性っていうか

タケル

男女みたいなものをもうちょっと掘っていけたらな

タケル

なっちゃんを奥さんでもあり、彼女というか1人の女性としてもっともっと見ていきたいなと思ってますね

 

ナツキ

めっちゃ一緒におって楽やし、全然気も使わないし、ツボも一緒だし好きなものも一緒だし

ナツキ

めっちゃあうめっちゃあう、なんですけど包容力を求めてるかもしれないです

ナツキ

これを包容するんで大変ですよね、きっとね、とは思いますけど

ナツキ

どちらかというと助けてあげたい、かまってあげたい女子の分類ではないと思うんですよ

ナツキ

なんですけど、やっぱ中身女の子だから女の子なんで、守って欲しいとか包容力とかにキュンてくる部分があります

ナツキ

なんでかというとほぼそうしてくれないから

ナツキ

この私でそれをやってくれる男子ってほぼいないんですよね

ナツキ

結婚にはそのキュンキュンが必要かって言われると、うーんって思うんですけど

ナツキ

だから今どうしようって考えてる最中です

ナツキ

多分夫婦って一緒にいるって考えたら彼みたいなタイプがあうんだと思うんですよね

ナツキ

私が求めすぎたのかな

いきなりマリッジ3 第13話 あらすじネタバレレビューの総評

以上が「いきなりマリッジ3」第13話のレビューとなります。

今回も順を追って振り返っていきます。

この日から新婚旅行、パラオへの出発ということで準備をしている2人。

前から思っていましたがナツキのファッションセンスは独特ですよね。

今回も穴の空きまくったボトムスを履いていました。

 

乗り継ぎ入れて約11時間かけて、パラオ共和国に到着。

ホテルに向かうバスの中で「松崎しげ子」「鈴木その子」というワードが飛び出します。

特に「鈴木その子」は視聴者の中でもう知っている人少ないんじゃないでしょうか笑。

ホテルはリゾートホテルらしい良い雰囲気。

出発前あれほどナツキが「水上コテージだったら他にはなにもいらない」くらいの勢いで言っていたのに、今回は取れなかったということで。

映像として私も見てみたかったのですが、これは非常に残念です。

恒例のベッドチェックではなぜかナツキのベッドに飛び込むタケルの姿が印象的でした。

売店では2人(特にナツキ)の大好きなビールとつまみを購入し、部屋のベランダでさっそく飲みます。

RED ROOSTER BEER」「BUD LIGHT」酒好きの私としてもどんな味が非常に気になるところ笑。

リゾート地で通貨は米ドルということで、物価は正直安くはない感じでした。

 

そしてベランダでの会話。

ナツキは前回の泥酔時の会話の内容をほとんど覚えていないようで。

それについての確認から入ります。

まぁ仕方のないことですが、このことをタケルがどこまで受け入れられるかというのが今後ポイントになってきそうです。

口では全然気にしないで、と言っていますが結構大事な話を覚えていないというのは相手からするとショックですよね。

そしてタケルの一人称はだいたい「アタシ」ですが、たまに「俺」が出ると本気になっていると思われがち

その反動で「アタシ」のときはそうでもないと思われると話します。

本人は一人称がどちらでもマジの時はある、と語っていました。

 

そして翌日、新婚生活7日目

いよいよパラオでの旅が始まります。

ホテルからの景色は非常に美しく、外に出る前からワクワクしてきます。

まずはイルカと触れ合うツアー

ナツキはその自慢のボディを惜しげもなく披露していました。

ヒョウ柄ハイレグ、エグいですね笑。

こういう格好をしておきながら「自信がない」というんですから、ギャップが凄まじいです。

タケルは焼きたくない、と言っているとおり常にラッシュガードを着ていました

以前ナツキにも「お腹がぽよっとしてる」と語っていたのでそのコンプレックスを隠す意味もあったのかもしれません。

ナツキもタケルも泳ぎは得意なようで、イルカと一緒に海を堪能していました。

その後はカヤックに乗って岸壁下に入ります。

冒険感がスゴく、神秘的な雰囲気が美しい海と光が幻想的でした。

お互いに冗談を交わしながら楽しんでいて、非常に良い時間だったのではないかと思います。

 

そして水上レストランで昼食。

ここでは理想の家族像を語ることに。

ナツキは1人っ子で片親だったため寂しかった、自分が親になったら子供と遊んであげたい、賑やかにしたいと話します。

タケルはいじられる父親、友だちみたいなパパになりたいそうです。

私はこの「友だちみたいな父親」というのに違和感を持つタイプなので、ちょっと物申したくなりますがまぁ人の理想像ですからね、あんまりツッコんでも仕方がないのでやめておきます笑。

次に子供の話。

特にナツキは子供は欲しいが、性別とか人数とかにこだわりを持たない。

1人産んだらその時で気持ちが変わるから、今から決めつけ過ぎない、その時の自分の気持ちを優先したいと語ります。

これは非常に素晴らしい意見ですね、私も完全に同意します。

そしてタケルは若いパパになりたかった、男の子だったらイケメン女の子だったら可愛く愛されるマドンナ系女子にしたいと話します。

うーん、やっぱり私、タケルとはことごとく価値観があいませんね。

理想を描くのは悪いことではないですが、子どもの容姿に期待しすぎるとあんまり良くないことが起こるんじゃないかなーと心配になります。

まぁどんな容姿でもイケメン「風」、マドンナ系「風」にはすることはできるんでしょうけど。

やっぱりどうしても生まれ持ってというものがありますから、それが自分の美的感覚に合わなかった場合、タケルは自分の子供のことをどう思うのかという気になってしまいます。

過度な期待はネグレクトや虐待の温床になりそうなので、タケルにもナツキくらいの臨機応変さが欲しいところ。

最後には「この30日間はお互いもそうだし、自分とも向き合う時間」と述べていました。

これはそのとおりですね。

 

その後もまだまだ海で遊びます。

ガイドさんのとっておきの場所、ということで海の水の透明度がレベル違いのスポットに連れて行ってもらった2人。

ナツキの大股開き飛び込みから始まるダイビング。

素潜りで2人とも自由に海の中の世界を楽しみます。

そしてナツキは元シンクロ選手、ということでその技を披露。

さすがのパフォーマンスでした。

MC陣は「そうだったんや!」と驚いていましたが、前にテロップで出てたでしょ、MCならちゃんと見て覚えておきましょう笑。

帰るころには美しい夕日を見ながらボードに揺られる2人でした。

 

最後は夜、レストランで食事です。

もちろんビールは欠かせません。

特にナツキのペースは早く、タケルが1本目のときにすでに3杯目という飛ばしっぷり。

今度は「ダイソンナツキ」というあだ名まで自分で言い出していました。

シーフードレストランということで「ロブスターのグリル」は特に美味しそう。

2人とも絶賛しながら、話題はタケルの気になること。

繰り返しになりますが、タケルはやはりナツキの自信がないことが嫌だそうで。

ナツキも自覚があるので今後は気をつける、と話していました。

 

そして最後のそれぞれへのインタビュー。

タケルの話の中で特に気になったのが、ナツキの「ちょこちょこ見えるその気持ちの強さ的なもの」。

これ、今まで見ていて私もなんとなく思っていました。

ナツキは自信がない、という割に結構頑固なところがあるというか、自分がコレ!と思ったら曲げないところがあるっぽいんですよね。

具体的にどのシーン、というのはまだ出ていてはいないのですが今後タケルと衝突することがあるのなら間違いなく原因の1つになってきそうです。

ただ現状では結婚するならナツキみたいな人、今後は男女関係として掘り下げていきたいと述べていました。

 

ナツキは「包容力を求めてる、けどそれが結婚に必要かと言われると悩む」とのこと。

これは本音なのでしょうが、今まで自分に正直に生きてきて結婚できていないという状況を鑑みると、そこにこだわってもしょうがないのかな、というのが葛藤の理由なんでしょうね。

2人の今までのやり取りを見ていると、ナツキの性格に合わせてかタケルがツッコんだり冗談を言ったりとあんまり女性扱いしている様子はなく

一見楽しくは見えますが、実はナツキの中ではもっと女性扱いして欲しいというくすぶる想いがあったのではないでしょうか。

次回第14話の予告でもタケルが泥をナツキに投げつけたりボートから足で蹴って落としたりと、男から見ても正直「うーん」というシーンもありました。

さらに帰国後、ナツキは家を出ていくという衝撃の展開に。

何が原因なのかは現時点ではまったくわかりませんが、おそらくこの辺りのことが火種になっているのではないかと思われます。

何にせよ、波乱が起こりそうな予感がするので次回は見逃せません!

というわけで今回の感想はここまで。

また次回、第14話のレビューでお会いしましょう!

記事内画像の出典:AbemaTV

 今日おすすめのお酒はこちら! 
いきなりマリッジ3 第14話あらすじネタバレレビュー!レディーファーストを求める女とできない男【AbemaTV】 いきなりマリッジ レビューまとめ【AbemaTV】

 

恋愛リアリティショー 全レビュー記事まとめ